欧米の製薬企業の2019年度第2四半期決算を読み解くシリーズ連載。今回は「タグリッソ」「オラパリブ」「イミフィンジ」の成長や第一三共との提携などで癌領域の存在感を強めている、英AstraZeneca(AZ)社の業績について報告する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)