平成の薬史(第2回) 1989年から1998年の領域別栄枯盛衰

 1989年1月から2019年4月までの平成時代を前期、中期、後期の3つに分け、医療用医薬品市場における栄枯盛衰を、医薬品業界アナリストの伊藤勝彦氏に振り返ってもらう連載の第2回。今回は平成前期10年間における領域別の栄枯盛衰をまとめてもらった。まずは、主要領域間でどの領域が伸び、どの領域が減少したのかを振り返る。続いて、高い成長性が見られた脂質異常症治療薬、血液凝固阻害薬、糖尿病治療薬、血圧低下薬などと、縮小した市場の幾つかに焦点を当て、ブランド間の競争の模様を俯瞰した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)