海外大手企業の2018年決算を読む―英GlaxoSmithKline社、英AstraZeneca社編

 欧米の大手製薬企業の2018年の業績をレビューするシリーズ。今回は、英国の2大製薬企業であるGlaxoSmithKline(GSK)社とAstraZeneca(AZ)社について解説する。GSK社は、ポンド高となった為替のマイナス影響を受けたものの4期連続での増収となった。一方のAZ社は、大型3製品の下げが止まらず、4期連続の減収と苦しい展開となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)