海外大手企業の2017年決算を読む―米Merck社、米Pfizer社編

 欧米の製薬企業の2017年決算の発表が2018年1月末から本格化している。米国では2017年12月22日に連邦法人税率を35%から21%に引き下げることなどを柱とする税制改革法が成立した。この法律が繰延税金資産に影響を及ぼし、米国企業の最終利益が大きく変動することになった。つまり、繰延税金資産を持つ会社は評価額引き下げ、一方、繰延税金負債を有する会社は逆に再評価で利益が発生する。ただし、法人税の引き下げは長期的な恩恵を米国企業にもたらすのは確かだ。【2018年2月13日修正】製品売上表を追加しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)