伊藤勝彦の業界ウォッチ

2018年の国内製薬企業の見どころ―大手編

(2018.01.05 08:00)1pt
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 2017年12月、中央社会保険医療協議会総会は2018年度診療報酬改定に向け、「薬価制度の抜本改革にかかる骨子」を了承した。「350億円超の製品は年4回ある新薬収載時に薬価を改定」「毎年の薬価改定」「新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度の対象品目の限定」「長期収載品の薬価の見直し」などが並ぶ。画期的新薬を創製しない限り企業の成長は無く、たとえ大型新薬を上市しても国内で売上高を抑えられる。一方で、国は日本医療研究開発機構(AMED)を通じて日本創薬力強化プランをうたい、環境整備を急ぐ。まるで「日本企業は画期的新薬を作って、海外で稼げ」と言っているようだ。2018年は製薬企業にとってより厳しい年となると同時に、日本企業のさらなる再編も現実味を帯びてくる。まずは売上収益(売上高)5000億円以上の国内大手製薬のイベントを選び、注目順にまとめた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
伊藤勝彦(いとう かつひこ)
医薬品業界アナリスト
伊藤勝彦 薬学博士。薬剤師。1986年東京薬科大学卒、東京理科大薬学部修士課程修了後、吉富製薬(現田辺三菱製薬)入社。2001年からソシエテジェネラル証券、ドイツ証券で証券アナリスト業務に従事。日興アントファクトリーで、バイオベンチャー企業への投資業務を行う。投資先の免疫生物研究所では、株式公開業務の責任者として取締役経営企画室長を務めた。現職でバイオベンチャーの医化学創薬の代表取締役社長、ジェネティックラボの非常勤取締役を務めるほか、医薬品業界アナリストとして、創薬パイプラインの分析や製薬業界を分析する記事を日経バイオテクに執筆している。
薬学博士、薬剤師であり、国内の製薬企業で研究者として働いた経験を持つ伊藤氏が、世界の製薬・バイオ業界の現状についてデータを交えながら解説する連載。大手製薬の業績、新薬開発状況、売上高トップの医薬品の情報など、本コラムを通じてアップデートしてください。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧