日本製薬工業協会の2017年9月号「ニューズレター」に興味深い報告書が掲載されている。タイトルは「バイオ医薬品(抗体医薬)の生産動向─販売重量からの分析─」。バイオ医薬品に関しては、ほとんどが品目数や売り上げデータを基にした分析であったが、本報告書では販売重量に焦点を当てたところが興味深い。著者は、医薬産業政策研究所の赤羽宏友主任研究員である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)