伊藤勝彦の業界ウォッチ

2017年、国内製薬企業の見どころ―大手企業編

(2017.01.18 13:20)1pt
伊藤勝彦

 期待される新薬やパイプラインを中心に今年の見どころをまとめた。今回は、売上高4000億円を超える大手企業を対象として、注目する企業の順に並べた。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

ログイン
伊藤勝彦(いとう かつひこ)
コラムニスト
伊藤勝彦 薬学博士。薬剤師。1986年東京薬科大学卒、東京理科大薬学部修士課程修了後、吉富製薬(現田辺三菱製薬)入社。2001年からソシエテジェネラル証券、ドイツ証券で証券アナリスト業務に従事。日興アントファクトリーで、バイオベンチャー企業への投資業務を行う。投資先の免疫生物研究所では、株式公開業務の責任者として取締役経営企画室長を務める。現在は、バイオベンチャーの支援をしながら、製薬企業とバイオベンチャーとがWin-Winの関係を構築できないかか模索している。
薬学博士、薬剤師であり、国内の製薬企業で研究者として働いた経験を持つ伊藤氏が、世界の製薬・バイオ業界の現状についてデータを交えながら解説する連載。大手製薬の業績、新薬開発状況、売上高トップの医薬品の情報など、本コラムを通じてアップデートしてください。