小野薬品、オプジーボの薬価下げで業績を下方修正

 小野薬品工業は2016年12月21日、2017年3月期連結業績(国際会計基準)予想の下方修正を発表した。主力製品の抗PD1抗体の「オプジーボ」(ニボルマブ)の薬価が2017年2月1日から50%引き下げられることに対応した格好だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)