2015年、海外大手製薬の決算―Novartis社、Roche社、Bayer社編

 2015年、スイスNovartis社は業売却で最終利益が大幅な増益となった。そーせいグループから導入した慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬がついに米国で承認された。スイスRoche社では為替の影響で減益となった。中外製薬の二重特異性抗体については、血友病Aを対象にしたフェーズIIIを開始した。ドイツBayer社は、医療用医薬品とコンシューマーヘルスケアが2桁台の成長を達成した。全体にユーロ安となった為替がプラスに影響した。ただし、欧州企業でもドルベースで決算を行っている会社もあるので注意が必要だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)