エーザイの内藤晴夫社長が「我が子のように可愛い」と表現した大ヒット製品「アリセプト」(ドネペジル)。だが、アルツハイマー型認知症(AD)における後継品開発は今のところ困難が続いている。アミロイドβ仮説に対する期待値は低下しており、道のりは長い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)