ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)が、うつ病(大うつ病性障害)を診断する簡便で高精度の検査法を世界で最初に実用化することを目指して開発を続けている。それを期待した投資家の買いで、2017年の株価水準は2016年に比べて切り上がっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)