証券アナリストとして、第一三共は分析に悩む会社の1つである。失敗が多いにもかかわらず独自パイプラインが連綿と生み出され続けるからだ。10年前の第一三共は、抗血小板薬エフィエントと抗凝結薬エドキサバンという、静脈および動脈の血栓治療薬を併せ持つ唯一の会社として投資家の注目を集めていた。だが、エフィエントは既に米国で後発品が参入し、エドキサバンはラベル制限などの理由により米国での売上高は極めて小さい。さらに、インドのRanbaxy Laboratories社(現インドSun Pharmaceutical Industries社)買収に伴う様々な問題は株式市場を悩ませた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)