検証 企業価値

変化の裏に垣間見る決意(ヘリオス)

(2017.09.11 00:36)1pt
2017年09月11日号
野村広之進=みずほ証券エクイティ調査部シニアアナリスト

 日本における上場直後のバイオベンチャーの平均像とは、どのようなものか。1社当たり2本から3本と比較的少数のパイプラインを持ち、3年から5年程度の経営に必要なキャッシュを確保し、上場の実質基準を満たすため約1億円以上の売り上げがある、おおむねこのようなイメージに収束するのではないだろうか。ヘリオスが2015年、東証マザーズに上場したときには、このイメージに合致する典型的なバイオベンチャーだった。ただ、2017年9月現在、その姿は大きく変貌を遂げている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

検証 企業価値のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧