歴史ある企業には、多かれ少なかれ企業の長年の積み重ねに基づく判断基準や行動パターンなどの「企業文化」がある。時に競争力の源泉とも言われる「企業文化」だが、カラーが経営者に左右されるベンチャーと違い、歴史の長い製薬企業では各社の違いは、あからさまに分かるほどには際立ちにくい。そんな中で、異色の存在感を放つ企業の1社がJCRファーマである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)