ナノキャリアが投資回収期を迎えようとしている。主力開発品NC-6004(シスプラチンミセル)の欧米でのフェーズIIの患者登録完了を2017年秋に予定しており、その結果をもって製薬会社へ導出したい考えだ。大型契約を目指しており、実現すれば黒字化の道筋が見えてくる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)