2015年4月、大塚ホールディングス(HD)は、日本企業が直面した「特許満了の崖」(パテントクリフ)の中で最大となるエビリファイの後発品の参入に直面した。それを乗り越えるために同社はポートフォリオを拡充。今ではパイプラインがリッチな会社の1つとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)