検証 企業価値

「異端製品」が貢献開始(タカラバイオ)

(2017.02.27 00:36)1pt
2017年02月27日号
山崎清一=いちよし経済研究所首席研究員

 2017年1月30日に、タカラバイオが2017年3月期第3四半期累計決算を発表した。営業利益は約27億円となり、前年同期を9割近く上回った。注目すべきはその中身だ。増益要因の約6割は研究用試薬を中心とする「バイオ産業支援事業」だが、約4割は先行投資を続けてきた「遺伝子医療事業」によるもので、腫瘍溶解性ウイルスHF10の契約収入が貢献した。バイオ産業支援事業の収入を活用して遺伝子医療事業を推進し、将来的に遺伝子医療事業で成長を加速するというのがビジネスモデルだ。実現への第一歩を踏み出した決算といえよう。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

検証 企業価値のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧