武田薬品工業は過去10年間、グローバル企業と競合するために米Millennium Pharmaceuticals社やスイスNycomed社の買収を通じて大きな変貌を遂げた、日本の製薬企業の中で最も変革が激しい企業だ。我々は、Millennium社買収は3つの米食品医薬品局(FDA)承認(ベルケイド、エンティビオ、ニンラーロ)を達成し、財務的にはかなりの成功であったと考えている。Nycomed社買収は賛否両論あり、新興国の成長が減速していることから足元の業績貢献はあまり大きくないが、販売網獲得は長期間で評価されるべきであり、同買収の評価を断定的に行うのはまだ早いと考えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)