1980年にたった3人で創業された米Amgen社の時価総額は、10年後の90年には3500億円に達していた。2006年にペプチドリームが3人で設立されたとき、この会社が10年後に同じく時価総額3500億円のバイオ企業に成長するとは、誰も考えもしなかっただろう。2016年、ペプチドリームは癌免疫療法の提携パイプラインが、提携先の米Bristol-Myers Squibb(BMS)社で臨床入りしたことを発表し、株価は7470円と高値を更新した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)