JST戦略的創造研究推進事業において、マックスプランク陸生微生物学研究所の嶋 盛吾 グループリーダーらは、大量合成が可能なたんぱく質中に化学的に合成した金属化合物を取り込むことで、温和な条件で水素ガスを生産または分解する半合成型鉄ヒドロゲナーゼ酵素の創出に成功しました。

プレスリリースはこちら