第一三共株式会社は、Charleston Laboratories, Inc.より導入した制吐剤配合麻薬性鎮痛剤CL-108が第3相臨床試験において、所期の目的を達成しましたのでお知らせします。CL-108は、ヒドロコドン7.5 mg、アセトアミノフェン325mg、速放性プロメタジン12.5 mgの2層配合錠です。この配合錠は、中等度から重度の疼痛ならびにオピオイド誘発性悪心・嘔吐(OINV)の抑制を目指して開発されています。

プレスリリースはこちら