北海道大学電子科学研究所(所長 西井準治教授)附属社会創造数学研究センターの寺本央助教、小松崎民樹教授らは,奈良女子大学研究院自然科学系物理領域の戸田幹人准教授、東北大学多元物質科学研究所の高橋正彦教授及び東北大学大学院理学研究科化学専攻の河野裕彦教授と共同で、全エネルギーが高くなると化学反応の行き先(反応の経路)を変換する切り替えスイッチが広範囲に出現することを解明しました。

プレスリリースはこちら