日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄)は、今春、TEMPO触媒酸化法により化学処理したパルプを原料とするセルロースナノファイバー(以下、「CNF」)を用いた高い消臭機能を持つシートの実用化に成功しました。このシートを当社グループの日本製紙クレシア株式会社(社長:南里 泰徳)が、大人用紙おむつの新ブランド「肌ケア アクティ」シリーズに採用し、機能性CNFの世界初となる実用化商品として、10月1日より全国で発売開始します。

プレスリリースはこちら