中央大学 理工学部 助教 今井 洋(元英国国立リーズ大学)、大阪大学 大学院理学研究科 教授 昆 隆英、理化学研究所 研究員 島 知弘(現東京大学 大学院理学系研究科 助教)らの研究グループは、英国国立リーズ大学 博士 スタン バージェス、教授 ピーター ナイトと共同で、細胞内で多種多様な物質輸送を行うタンパク質モーター『ダイニン』が駆動しているところを、低温電子顕微鏡法により直接観察することに成功しました。

プレスリリースはこちら