ES細胞やiPS細胞等の多能性幹細胞は、様々な種類の細胞に分化することのできる細胞であり、再生医療への応用が期待されています。他人の臓器や細胞を移植すると、免疫の働きにより拒絶反応が生じ体内から排除されてしまうため、免疫系の制御が非常に重要です。同じことが多能性幹細胞から作り出した細胞や組織を移植する場合にも当てはまります。本研究グループは、多能性幹細胞から作り出した細胞や組織を移植医療に用いるようなこれからの再生医療時代に必要とされる免疫制御法を新たに提案し、その有効性を検証しました。同研究グループは、マウスiPS細胞から再生医療に用いる細胞(移植片)とともに免疫系を抑制する細胞を作り、他者間移植における拒絶反応を抑制する方法を考案しました。他者の関係にあたるマウスへの移植に際してiPS細胞由来免疫抑制細胞を投与することで、iPS細胞由来の移植片の生着期間(移植片が拒絶されずに体内に留まる期間)を延長させることに成功しました。免疫抑制細胞の投与を受けたマウスの血液を調べた結果、拒絶反応に関わる抗体の産生が減弱していることがわかり、免疫抑制細胞は生体内で実際に拒絶反応の抑制に効果を発揮している可能性が示されました。この成果により、iPS細胞から移植片を作製すると同時に、免疫制御細胞も作製して拒絶反応を抑制するというコンセプトの有用性が示されました。他者由来iPS細胞を用いる新時代の移植医療、再生医療への応用が期待されます。

プレスリリースはこちら