伊藤英之 野生動物研究センター博士後期課程学生と村山美穂 同教授は、ターニャ・ランゲンホルスト博士(英国マーヴェル動物園)、ロブ・オグデン博士(スコットランド王立動物園協会)との共同研究を行い、絶滅危惧種のグレビーシマウマなどシマウマ3種について、日本と英国の飼育個体の遺伝的多様性を解析しました。結果、新規開発したマーカーを用いて、種の特定、雑種個体の特定など、飼育管理に必要な情報を得られることがわかりました。

プレスリリースはこちら