JST戦略的創造研究推進事業において、千葉大学 環境健康フィールド科学センターの矢守 航助教らは、イネを材料にサイクリック電子伝達経路の1つであるNDH複合体に依存する経路が弱光環境下における光合成制御に重要な役割を果たすことを解明しました。

プレスリリースはこちら