当社と当社の100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA Inc.(米国イリノイ州ディアフィールド、以下「TPUSA社」)は、米国時間9月11日、2型糖尿病治療剤「アクトス」(一般名:ピオグリタゾン塩酸塩、以下「アクトス」)に起因する膀胱がんを主張する製造物責任訴訟に関し、本年4月28日に公表した本訴訟の解決に向けたプログラムへの、所定の条件を満たすクレーム提起者の参加率が96%を超えましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら