東京工業大学 大学院生命理工学研究科の岩井 雅 CREST研究員、太田 啓之 生命理工学研究科/地球生命研究所 教授らは、海産性の油脂高生産藻類として注目されるナンノクロロプシスを用い、油脂の蓄積量と油脂中の脂肪酸組成を改変する技術を開発した。

プレスリリースはこちら