当社は、2014年度決算短信を本日開示いたしましたが、当該開示が決算期末後50日を超えた理由及び今後の決算短信の開示について、以下のとおりお知らせいたします。

プレスリリースはこちら