株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、「米由来グルコシルセラミド」の摂取が、角層セラミド量を増加させることをヒト試験にて確認し、一丸ファルコス株式会社(本社:岐阜県本巣市、代表取締役:安藤芳彦)と共同で、日本食品科学工学会第62回大会において発表いたしました。

プレスリリースはこちら