多くの植物は、自分の花粉が雌しべに付いても受精せず子孫の種子を作らない「自家不和合性」と呼ばれる仕組みを持つことにより、近親交配を避けています。

プレスリリースはこちら