国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下、「産総研」という)原田 晃 名誉リサーチャー(兼)地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター 理事と環境管理研究部門【研究部門長 田中 幹也】鶴島 修夫 主任研究員は、国立研究開発法人 海洋研究開発機構【理事長 平 朝彦】(以下、「JAMSTEC」という)海洋工学センター 中野 善之 技術研究員とむつ研究所 渡邉 修一 所長、株式会社 環境総合テクノス【代表取締役社長 中山 崇】(以下、「KANSO」という)と共同で、海水の水素イオン濃度指数(pH)測定法を国際標準化機構(ISO)に提案し、国際規格ISO18191として発行されることになった。この過程でJAMSTECとKANSOの活動は、経済産業省と国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託を受けて行われた。

プレスリリースはこちら