理化学研究所(理研)古崎物性理論研究室の小野田繁樹専任研究員(創発物性科学研究センター量子物性理論研究チーム兼務)らの研究チームは、スピンアイスと呼ばれる磁性体の関連物質を徐々に冷却した際、凍結しかけた電子スピンが集団的に量子力学的ゼロ点振動(絶対零度においても粒子が振動し続ける現象)を始めることで「量子スピン液体」に融解することを、厳密な数値シミュレーションによって明らかにしました。また、このスピンの集団的運動は仮想的な光子として振る舞うことも分かりました。

プレスリリースはこちら