本日、ノバルティスは、BRAF V600遺伝子変異を伴う切除不能又は転移性悪性黒色腫の成人患者さんに対する治療法であるダブラフェニブとトラメチニブの併用療法について、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品委員会(CHMP)が肯定的な意見を示したことを発表いたしました。また、米国食品医薬品局(FDA)が同様の患者さんに対する本併用療法を優先審査品目に指定したこともあわせて発表しました。

プレスリリースはこちら