JST職員が、改ざんされたWEBサイトに業務でアクセスしたことにより、悪意のあるプログラムに感染し、その結果、数台のパソコンが外部の不正サーバーと通信を行っていたことが内部調査で判明しました。

プレスリリースはこちら