九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門の君塚 信夫 主幹教授、楊井 伸浩 助教らと、ミラノ・ビコッカ大学(イタリア)のアンジェロ・モングッチ 博士の国際共同研究グループは、低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換する技術であるフォトン・アップコンバージョンの実用化に不可欠な、太陽光程度の弱い光で効率を最大化する有機―無機複合材料を世界で初めて開発しました。

プレスリリースはこちら