東北大学原子分子材料科学高等研究機構の松倉文?教授、陳林助手、大野英男教授(兼務 東北大学電気通信研究所、東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター)は、磁石の磁気的摩擦を電気的に制御することに成功し、その電気的な制御を可能としている理由を明らかにしました。

プレスリリースはこちら