理化学研究所(理研)小林脂質生物学研究室のネバル・イルマッツ特別研究員と小林俊秀主任研究員らの研究チームは、高速原子間力顕微鏡を用い、膜孔形成毒素の細胞膜への作用をナノメートルレベル(nm、1nmは10億分の1メートル)かつリアルタイムに可視化することに成功しました。

プレスリリースはこちら