細菌由来のリポ多糖(LPS)の医薬品への混入は、過剰な免疫反応を引き起こす原因となり、医薬品の安全性に関わる重要な問題です。LPSに敏感に反応し凝固するカブトガニの血球抽出液は、LPS混入をチェックするためのリムルス試薬の原材料として広く利用されています。

プレスリリースはこちら