当社子会社である株式会社アニマルステムセル(以下「アニマル社」という。) は、加齢性および難治性の不妊・繁殖障害に対する間葉系幹細胞を用いての新規治療法の開発において、「精子運動活性および/又は精子生産能力の向上方法」を見出し、これに係わる特許出願を行いましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら