協和発酵キリン株式会社(本社:東京千代田区、代表取締役社長:花井陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、この度、乾癬を対象として開発中のKHK4827(一般名:Brodalumab)について、局面型皮疹を有する乾癬(尋常性乾癬および関節症性乾癬)を対象とした国内第3相継続長期投与試験、ならびに膿疱性乾癬及び乾癬性紅皮症を対象とした国内第3相試験をおこない、本剤の長期投与における有効性と安全性を確認しましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら