豊原敬文 iPS細胞研究所(CiRA)研究員、長船健二 同教授らの研究グループは、腎臓の再生医療に関する共同研究において、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した腎前駆細胞の移植により、マウスの急性腎障害(Acute Kidney Injury; AKI)による腎機能障害や腎組織障害が軽減することを発見しました。

プレスリリースはこちら