東京工業大学 資源化学研究所の山元 公寿 教授と今岡 享稔 准教授らは、原子19個で構成される白金粒子(Pt)が、現在の燃料電池に用いられている白金担持カーボン触媒の20倍もの触媒活性を発揮することを発見した。

プレスリリースはこちら