東京大学 医科学研究所の中江 進准教授らは、国立研究開発法人 国立成育医療研究センター研究所などとの共同研究によって、気管支喘息を抑える新しい免疫応答機構を発見しました。

プレスリリースはこちら