ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国・ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、治療歴を有する進行期または転移性の腎細胞がん(RCC)患者を対象に、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)とエベロリムスを評価する非盲検無作為化第III相試験について、独立データモニタリング委員会(DMC)の評価により、対照群と比較してオプジーボの投与を受けた患者において優れた全生存期間が認められ、その臨床試験が評価項目を達成したと結論付けられたため、早期に終了したことを発表しました。

プレスリリースはこちら