JST戦略的イノベーション創出推進プログラム(S-イノベ)の一環として、山形大学大学院理工学研究科の千葉貴之助教、夫 勇進准教授、城戸 淳二教授らは、塗布印刷プロセスによるタンデム構造を持つ白色リン光有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)素子の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら