京都大学 大学院医学研究科の斎藤 通紀 教授(兼 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)主任研究者、京都大学 iPS細胞研究所 研究員)と同研究科の 佐々木 恒太郎特定研究員、横林 しほり 特定助教らの研究グループは、ヒトiPS細胞からヒト始原生殖細胞様細胞を効率よく誘導する方法論の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら