JST戦略的創造研究推進事業において、千葉大学の梅野 太輔 准教授らは、合成生物学と酵素の進化分子工学の技術を用いて新しい代謝経路構築の方法論を開発し、非天然アスタキサンチンを生産する人工生合成経路の構築に成功しました。

プレスリリースはこちら