タカラバイオ株式会社と自治医科大学附属病院は、悪性リンパ腫の一種である非ホジキンリンパ腫(NHL)のうち、B細胞ががん化したB-NHLを対象に、CD19抗原特異的キメラ抗原受容体(CAR; Chimeric Antigen Receptor)遺伝子治療の臨床研究を実施しておりますが、7月13日に第1例目の被験者へ遺伝子導入細胞の投与が行われました。本投与が日本で初めてのCAR遺伝子治療となります。

プレスリリースはこちら